--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-12

子宮内膜症 薬編


そういや薬編を忘れてたw


内膜症治療には強・中・弱 3つのお薬がありまつ。







まずは(効果が)【強い薬】

点鼻薬(ブセレキュア)と注射のどちらかで女性ホルモン完全ストップしてしまう方法。
生理が全く来なくなるので、生理を栄養にして育つ内膜症には効果テキメン。

点鼻薬は1日3回、月5000円程
注射の場合は月1回、1万円くらい?

通常点鼻薬を選択するヒトが多いみたいです。
「点鼻3回もめんどー。」と思ったし、まんまと忘れる日も多かったけど
1日2回でもちゃんと生理止まっていましたw


メリット
・腹痛が一切なくなる。
・生理がないのでとても楽

デメリット
・肝臓に負担がかかるため月1で血液検査が必要
・骨粗しょう症になりやすくなるため長期服用不可
おっぱいがちっさくなる


メリットも大きいけどデメリットもでかい^^;
半年服用して半年休んで、って使い方をするらしいです。
ちなみに服用始めてからブラサイズ1カップ下がって悲しかったけど
服用やめたら元に戻りましたとさ。メデタシメデタシ








次に【中の薬】

錠剤(ディナゲスト)1日1錠
月4500円程

メリット
・体に負担が少ないので長期服用可
・2ヶ月分まとめて薬がもらえるので通院頻度は少ない


デメリット
・腹痛抑制効果は点鼻ほどないので時々腹痛がある
・不定期な出血がある

この不定期な出血が厄介でして^^;
出血度合いは個人差があるらしいんだけど、コグマは1ヶ月30日中20日程出血アリ。
ごく少量の日もあれば生理二日目バリの日もアリ。
万年おむつ着用なので今はいいけど夏がイヤー。海行くのも困るやんけ。








最後に弱

これはいわゆる低容量ピル

これは使ったことないからわからんのだけど
腹痛を抑える効果も少ないから腹痛の酷いヒトにはあまりオススメはしませんとの事。



これらの中から体質に合うもの、若くて結婚してるヒトなら子作りの計画なんかも含めて選ぶようです。
いずれの薬も服用中は妊娠できない為子供欲しい人は薬止めて腹痛ガマンしなきゃならんです。
コグマみたいに薬なしだと日常生活もまともにできんくらい悪化したら子供作るの難儀になるから
若い女性で兆候のある人(生理痛が酷い、レバーみたいな塊が出る)は、「ガマンできる痛みだし」とか思わず本当にさっさと病院に行った方が良いと思う。


ウチは多分ずっとナグさんと2人だと思うんで【中の薬】を当分続けて行く感じかなぁ。
少しずつ出血は減っていくらしいけど様子見て
うっとうしかったらまた強の薬に変えようと思ってます。



閉経まであと15年くらい?内膜症とのお付き合いは続くーw

また何か変化があればこのカテゴリでUPしたいと思いマス。

トラックバック

http://aikoguma.blog48.fc2.com/tb.php/899-f5339211

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。