--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-22

死ねばいいのに

先日図書館で借りて来た本、なかなか豊作でした。

やっぱ著名な作家の本は安心して読めますなー



ではトトトンとレビュー行ってみます♪







死ねばいいのに
京極夏彦


イラつく話し方をする若い男が

誰かに殺された、ある女性について色んな人に聞き回る。

聞かれた人は男のつかみ所の無さや

屁理屈だけど痛いところを突かれ

次第に鬱積した感情やコンプレックスをさらけ出していく。


「いい事がないから不幸だ不幸と言う」

「自分が幸せでないのは周りのせいで、でもどうしようもないなら


死ねばいいのに




そりゃちょっと極端な話だろー!!と思うけど

なるほど

自分は恵まれているのだと自覚しなくてはなーと思ったりもする。

コグマも病気が悪化して良かったなと思う事があって

立派な家を建てられなくても、欲しい服が買えなくても

働く場所があって、愛する人が側に居て、それで十分幸せだーと思えるようになった事。

生きてるだけで丸儲けっていい言葉だよね。

多くを望めばそれだけ幸せからは遠くなるのかなと。 (老人のようだ)



そんな事を考えさせてくれる良い話。







・・・では終わらないのが京極さん!

なんでしょうねー、この人の書く独特の「イヤな感じ」な世界w

ヤラレター!って感じです。良い意味で。



なんか雰囲気的に釈ちゃんの「お逝きなさい」みたいなー

毎回のキメゼリフがそんな印象でした。








一角獣
小池真理子



珍しく!恋愛モノ短編集です。

実は小池さんホラーも書くから他の短編集で何度か読んでて

これもホラーかと思ったら違ったというオチなのですがw


大人のキレイな恋愛のお話。

とても美しくて心を打たれたけど

好きになったら毎日逢いたい!24時間一緒に居たい!
50mダッシュで飛びついて100万回チュー!

な、勢いの愛情表現をする直情型バカのコグマには

崇高過ぎて真似できません。

歳を重ねたら・・・・・・・でもムリだろうなぁww









ちぇりーぼーいあんでんてぃてぃ
戸梶圭太


また借りてしまった。

この人のはちゃめちゃっぷりはもうお腹いっぱいと思っていたのに

気持ちが沈んだ時にショック剤として心が欲してw



成人のドーテー君が出すエキスに若返り効果があるとわかり

ドーテー君達は高額の報酬を得る。


という、思わずめちゃくちゃでござりますがなと呟きたくなる設定から始まり、

やがて研究者同士のバトルが始まり、ドーテーを奪うおばさん軍団が結成されたり

闘争が起こったりしながら
物語は世界へ、そして宇宙へ!


下劣、卑劣、鬼畜、醜悪

ボキャブラリーが少ないんで表現しきれませんが

顔をそむけたくなる醜さや

ダメっぷり、めちゃくちゃっぷりがむしろ爽快なギャグ本です。


「あ、自分はまだまともな人間だ!」と自覚できますよ。

しかし何をどうしたらこの作家さんはこんな発想ができるんだろう??

最後の人をバカにしたかのような終わり方もムカツキます。

でも大好きです!!ww



ナグさんは「???」という顔をして

なかなか読み進めていないようなので、これも一般受けはしないんだろうなぁw







現在は皆川博子を読んでいるのですが

「コレ、難読漢字辞典??」という感じで

見慣れない文字ばかりなので遅々として進みません。

でも世界観がコグマのドンつぼなので頭を捻りながら読んでみたいと思います^^







毎日お腹が痛いので読書感想文と内膜症関連の記事が多いですね。
「暴走妻の日記」というタイトル、改めなくてはいけないかなと思う今日この頃です。

コメント

京極は昔結構読んでた・・・

百鬼夜行シリーズ・・・

これがまた分厚いのなんのって・・・

吊り革につかまりながら読むと腕鍛えられるw

こんにちは~。

3冊は、読んでみたいと思います。
特に京極さん。
小池真理子は、ホラーは読んでいないので、そちらをゲットします。
戸梶圭太、聞いた事も有りませんでした。
そそられました。
皆川博子も知りません。
チェックだけして、次回に回しましょう。

気が合う2人なのに読書の趣味は合わない。
しかしコグマちゃんが読む本を一生懸命読もうとするナグさん(笑)
いいね~
なんかその光景にコグマ夫婦のすべてが表現されてる気がする!!
妻らぶーーーーーー!だ!

最後の話、おもしろそう。
なんで本当にまず最初にそんな発想ができるんだろう?
もしや作者は・・・・
と思ってしまったのは私だけ?(笑)

50mダッシュで100万回チュー(笑)
さすが、情熱的ですたい。

殆ど読書をしない私でも読んでみたくなりました。
達観しているコグマさんも素敵。
確かに、欲張れば欲張るほど物足りなさを感じながら生きていかなければならないもんね。

生きてるだけで、丸儲け!!

さくらちょ

百鬼夜行まだ読んだ事が無いっす。

電車には乗る機会が無いので
片手にダンベルで読んでみようかなぁw

ごんにゃんさん

小池真理子のホラーは確か
「墓地が見える家」みたいなのだったと思います。随分昔に読んだので内容ほぼ忘れましたww

戸梶圭太はキチガイエログロギャグなので
ストレス発散には良いかもしれません。
「牛乳アンタッチャブル」はまだまともな本でした。

皆川博子は「獣舎のスキャット」と言うのが面白そうだったのですが図書館にはなかったので違うのを借りたら頭が混乱していますw

すけまるちゃん

私と読書の趣味が合う人ってかなり珍しいんじゃないかと思うw

一応あんまりにも難しいやつとか、怖いやつは「これ読まない方がいいよ」って忠告はしてる^^;
男性の方がグロいのは苦手だもんね。

こんな発想ができてそういう意味で天才なんだろうなーって思う。
絶倫キャラも出てくるのよ。ハテサテ作者はどっちタイプなのか・・・w

てくもぐさん

どんだけ体育会系だよ、ってねww
実際やってもナグさんはおとなしくされるがままなはず。よくできた子だ。

多分今だけー!こういうの感化されやすいからwww
春になって身体が元気になったら
あそこ行きたいここ行きたいってわーわー言ってるような気が^^;
でも健康ってやっぱり一番大事。
健康だからこそステキな景色も見られるし美味しいものも食べられるしね♪

>多くを望めばそれだけ幸せからは遠くなるのかなと。

深い、っすね><
 
こころが豊かになれば..そういった心境にも..
ナグ&コグさんご夫婦は、きっと満たされてるんだなぁ...☆

okiさん

ナグさんはどう思ってるのかわかりませんが^^


豊かなんでしょうか、疲れたんでしょうか。わからなくなってきました^^;

でも今幸せです!ってのだけは間違いなく言えます♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aikoguma.blog48.fc2.com/tb.php/1155-7da0665e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。