--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-29

美味しい本♪



キタ
━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!



久しぶりにお気に入り作家以外で面白い本を読みました。

まず表紙が美味しそうでしょー?





daina.jpg 
ダイナー
平山夢明



かじりつくと中からはたーっぷり







拷問と狂気の肉汁が溢れてきます。 エヘw



まず、しょっぱなからボコボコにされて自分の埋められる穴を山中で掘ってる主人公

オオバカナコ

名前がもうアレだもんね、かわいそうな感じだよね。

間一髪で命が助かり放り込まれたのが

殺し屋専用の定食屋。

殺し屋とゆーか反社会性人格障害者って言う方が当たってるかも。



次から次へとやってくる個性豊かな殺し屋達と

「うわっ!これ食べてみたい!!」って思わずにいられない料理。
(主にバーガー)

スパイスは少しの恋心



拷問シーンはコグマも満足のグロさなのに、なぜだか読んでるとヨダレが出そうで

不思議な気持ちになること間違いナシ。

「あれ?いいのかな?エグい本読んで美味しそうって思っちゃっていいのかな?(汗」



追われるようなストーリー展開と、狂った殺人者達がやり合うとこが

新藤冬樹の「毒蟲vs.溝鼠」に似てるかなぁ?

(こっちのが全然ヘンタイ&下品度は高いし、ギャグ小説?って思わせるかのように
”狙ってる感”がイラッとするけど読後の後味の悪さが結構好き。)


最後の辺はしっちゃかめっちゃかの大乱闘でこっちまで混乱して

数ページ戻って読み直したりとかしちゃったw



コグマのお気に入りキャラは、ダイナーの店主の美人な元カノの炎眉。

殺し屋専門の定食屋に来るくらいだから当然殺し屋。

「復縁してくれなきゃ邪魔するやつもみんな殺す。」

って勢いで情熱的なんだけど、最後はすごく可愛らしい。

慎ましく、影でそっと支える系の愛よりも

こういうの好きだなー。



”食”という皆が楽しめる事が書かれてる事と 主人公の諦めない強さ。

救われない感じで終わらないので、グロいけど鬱にならずにサラッと読めます。

色んな要素を持ったエンターテイメント性の高い一冊。
オススメ♪





ちなみに同時に購入した村上春樹の本は

半分くらい読んで放置ぷれい。

お上品なのはどうもコグマのお口に合わないようで^^;


ってゆーか大掃除まだ終わってまへん。
本読んでる場合じゃなーい!

コメント

こんにちは~。

オオバカナコ

やられました!(激笑!)

色んな怪しいヨダレを垂らしながら読んでみますね。

全然ヘンタイ&下品度に誘われて、新藤冬樹の「毒蟲vs.溝鼠」も購入してみます。

ちょうどごんにゃんさんのブログで名前の話してたとこだったので、シンクロしてるなーって思いながら読んでました^^

目からヨダレが出るような箇所は多分なかったと思いますw

「毒蟲vs.溝鼠」は、「溝鼠」という本の続編になるのですが、続けて読まなくても全然楽しめると思います。
とにかくシモいし不潔だしいい感じにゾクゾクできると思うのですよー^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コグマちゃんの本の好みははっきりしてるな~(笑)

それにしてもめっちゃおいしそうだ!
あーーーグルメバーガー食べたい!
口大きくあけんとあかんくらいのやつ!!

こぐまちゃんは本人はお上品やのに、本はお上品なの好きじゃないのね。
不思議~!!

『 毒蟲vs.溝鼠 』

有害図書No1みたいですね!

ぞっくぞくしま~す!ヽ(^。^)ノ☆

すけまるちゃん

とにかく誰か死なないと話にならないって言う、ねw

グルメバーガー、あんまし食べた事ないんだけどカロリー超怖い!
でもアボカドとかたっぷり入ったやつ食べてみたーい!!

うふふ、そんなにお上品でもないのよw
でもナルニア国物語とか外国の童話系は大好き^^

御挨拶

こんにちは~。

今年は素敵な出逢い、感謝致します。

新年は、もっともっと暴走してくださいませ。
ついて行きます!
追い越します!

有難う御座いました。

よいお年をお迎えくださいませ。

( 終わりくらいは真面目バージョン )

ごんにゃんさん

そういや帯にそんな事書いてあった気もします。まさかもう購入されました!?

皆ドン引きしそうなんで隠してたんですけどこの手の本が好きならばオススメしたいのは
山野一の「貧困魔境伝ヒヤパカ」です。
漫画なんですけどね。
相当えげつなくて多分私が鬼畜系好きになったのもこの漫画読んだ時に受けたショックが原因だと自己解析しております。
10年程前に読んで、余りの気持ち悪さに処分してしまったのですが
内容や絵が忘れられず、再読しようかと思いつつも気持ち悪いので躊躇っていますw


後、洋モノですと「アメリカン・サイコ」
日本人作家で言うと大石圭が近い感じです。
派手さはありませんがジョジョの吉良吉影のようなエリート殺人鬼が淡々と繰り返す日常生活が逆に狂気を感じさせてゾクッとする一冊です。
読んでて「イタタタタ!ハンガー痛い!!」ってなります。

スイマセン、この手の本で共感できる人って滅多にお見かけしないので熱くなってしまいました^^;

ごんにゃんさんのオススメエログロ本もありましたら是非とも教えていただきたいですー♪

オオバカナコな子が主人公で
美味しい食の話が展開するゾクっとする本!
相変わらずコグマちゃんがチョイスする本は面白いな~♪

今年はコグマちゃんにも会えて
とても良い年でした♡
来年もよろしく!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aikoguma.blog48.fc2.com/tb.php/1137-46646767

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。