--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-26

悪の教典 感想文

まーーーーーーーた本ネタかい!
もうええて!!


いやいや、そんな皆様の心中お察し申し上げて
ついでに寒中見舞いの一つでも申し上げておきますが

興奮醒めやらぬうちに感想残しておきたくて。


書くのはもちろん


悪の教典
貴志祐介





まず一言で・・・・・・・・・・・・・・






Excellent!!

数日自分をじらした(w)成果と、私が貴志教信者であることを差し引いても

十二分に楽しめる作品だったと思います。



さて、ここからはネタバレ感想なので

これから読もうと思ってる方の為に反転仕様にしていきますね。

携帯からご覧の方は見えちゃう場合もあるので要注意。

あと、まだ上巻読んでるナグさんも見ちゃダメよっ!













内容は、人を殺す事をなんとも思わないサイコパスが高校教師になっちゃった。

「こんな教師はイヤだ」ランキングがあったら間違いなく1位ですねー。


人を欺くことに長けていて、ルックスも良く生徒や他の教師からの指示も高い。

ハスミンなんて愛称で親しまれているワケなんですが

裏ではあらゆる手段で邪魔者を排除し、性欲を満たす邪悪な面を隠し持っている。


上巻の序盤は、「人間失格」っぽいなーという印象。

太宰治生じゃなくて野島 伸司の方ね。

随分昔に加瀬大周が先生役でキンキキッズが出てたドラマあったの知ってる?

そんな印象だったんだけど、読み進めるにつれどんどん滲み出す貴志色。

「怖い!」んじゃなくて、「怖い予感がする!!」というイヤな感覚。

この人はもう本当にここを書くのが巧い。

読んでて何度身震いした事か。


イヤな布石を上巻でバラ蒔くだけバラ蒔いて、下巻でキちゃった大量殺戮♪

見所はやっぱり貴志さんお得意の「狩るもの」視点の描写。

モンスターに追われる中で、生徒の中にも隠していたモンスターを覚醒させる子も居て

おお!これでハスミン撃退できるかも???この子は助かるよね???

の期待も虚しく、バンバン撃たれていきますわなw


結末までは書きませんので自分で確認してねー



で、この作品。

他の貴志作品に比べると評価が意外に低い。(参考アマゾンレビュー)

なんでかな?と思って他の方のレビューを見てると

・IQ高いのにミスが多い。

・何人も手にかけてきたハスミンの過去の経歴見て疑われない方がおかしい。

・布石が回収しきれていない

はははーん。

物語にきちんとした結末や矛盾が無い事を求める人には酷評のようです。



しかし!!

自分の定規で物語をカタにはめるのはどうだろう?
先入観や常識を捨ててそこにある隠れた作者の仕掛けた罠に
まんまと引っかかってみましょうよ♪

アラなんて見えなくなるくらい全力で世界観にのめりこんだらいいじゃんなーい?


ミスをおかすところが、ただの殺人マシーンではなく
血の通っている人間だと思わせるのが怖い!

ミスをしてもなお悪魔的狡猾さですぐに次の手を打ってくるのが恐ろしい!!



ホラ、すごく楽しくなってきませんか?

布石が全て回収されないのも貴志作品ではちょいちょい見かけますが

フェイントであると同時に

全てを明らかにしない事で読者に想像を楽しむ事を残しておくための

作者の意図なんだと 勝手に思ってますw





そして今回は読後にファンサービスも。

ガッツポーズと苦笑いが出ちゃったwww

人が居るとこで読んでたら完全に危ない人だよね。ヨカッタ1人でw


「悪の教典」は怖さレベルで言うと「黒い家」くらい。

貴志作品には珍しく性的描写も多めだったのだけど、

この前レジで後ろに並んだ高校生君には刺激が強かったんじゃないかしら?w

スケールの大きい前作「新世界より」が好きな人には

物足りないと感じるとこもあるかもしれないけど

過去作品と変わらぬ面白さに加え新たな魅力が加わっているようで

ずっとファンでよかったなー。貴志さんありがとうと思える一冊でした。



私は小説を読む時には、矛盾や足りない部分を

想像で補うのがまた楽しいと思っています。

完璧に書かれていないからこそ自分を捕食される立場に置き換えて没頭できるホラーの世界。

こんなにゾクゾクする事ってまず日常では味わえない!!

没頭しすぎてオチッコ行けなくなったり泣いてしまう事だってあるけれど

私にとってここまで感情を揺さぶられるエンターテイメントって

やっぱりホラー小説の世界が一番なのですよね。




さて、今日は2巡目。もう慌ててストーリーも追わなくていいので
細かく登場人物1人1人を思って楽しもうと思いますw



伏せた部分も多いし、書く事で余韻を楽しみたかっただけだから
コメントは無理して書かなくてもOKよ~ん^^

コメント

こわいのは、ちょっと苦手かな...?^^;
日常ではありえない体験が疑似体験できる魅力かぁ。
なるほどです^^
でも、やっぱり...
こわいのは...ガクブル(((TAT;))

うちのもんちゃんが、反転文字を目を細めて読んでました。

マウスですーっと選択してあげると、感動してましたよ。
青の炎でしたっけ?読んでみますね

okiさん

今にヘンタイレビュアーと呼ばれそうなのでそろそろ自重しようかと思います。でも読んじゃったんですよねー!隣の家の少女wフフフフ・・・(怪

k2さん

ナグさんがそんなもんちゃんに
「モザイクじゃないんだから・・・」
と突っ込んでましたよ(笑

ちょっと痛いですけど怖くないんで大丈夫だと思います。私も久しぶりに再読してみよー

おのれiPhone。
操作がよくわからんぜw
とりあえず、薄っすら読める反転部分だけ読んどいたw

やっぱ絶対、映画より原作のが面白いんじゃなかろうかと思うんだよなぁ。
映画の時間内に仕上げるのも難しいんだろね。
一緒に観た友達は、思ったより案外ストーリーがあって面白かったって言ってたけどw

敵対する先生や、マズイときに出くわした生徒をサクッと仕留めるのはもはやカッコ良かったけどw

Excellent!!
には思わず噴いたw

わっちょん

こっちはわっ追伸で噴いたわwwww
わかる人だけわかるネタ。Good!Good!


私も反転がなんで一部うっすらなったのかよくわからんw

確かにあの内容全てが2時間に収まるとは思えないので、見所は違うポイントになってるだろうね。
伊藤英明はハマり役だと思うし、人間の怖さよりも狩りの爽快感を感じられるモノになってるんじゃなかろうか?
それはそれで楽しめそう♪

こんばんわー

「悪の教典」読みたい!!

コグマさんの記事見て、やっぱ読みたい!!

反転は読んでからのお楽しみにしておきます~

ワタシは小説にスピード感とリアリティを求めてることが多いです。

一気読みできる展開と、演出された中にもきっちりとリアリティが描かれた作品に出会うと、何時間でも読んでられます☆

うーん、悪の教典ホントに楽しみやなぁ(≡^∇^≡)

オチッコ行けた?大丈夫??
ついていくよ~!!(笑)

楽しめたみたいだね!
期待通り、期待以上に楽しめると最高の気分ね!!

マキモンさん

反転、なんか透けてしまってるのです。
なんでだろ?見えちゃってたらごめんなさいww


スピード感でしたら
「呪催眠カーズXXゼロ」が抜群でした。
読んでて息切れしましたもんw
リアリティはと問われたらやや怪しいですが。


マキモンさんのおすすめも是非是非教えていただきたいです^^

すけまるちゃん

ママー!おちっこついてきてーw

爆睡のナグさん起こそうかと思ったけど
可哀相で1人で行ったよ。
ドアを開ける度にビクビクしたけど^^;

また新刊が出るまでしばらくこんな高揚感は感じられないんだろうな~

もっと活字を!身体が欲していますw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aikoguma.blog48.fc2.com/tb.php/1111-e5ab6c37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。