--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-24

限りなく透明に近いブルー

久しぶりにヤヴァイ本に出会ってしまいました。

読み終えて、下腹部にズガーン!!と衝撃を受けたような。


限りなく透明に近いブルー
村上龍


村上さんの本は何冊か読んでいるのですが、結構当たりはずれがあって

退屈過ぎて途中で脱落してしまった事もあるけど

今回読んだ本は「面白い」と言う言葉で片付けられないほど

感情を揺り動かされましたね。

っとゆーか、人に「その本面白いの?」と聞かれても

面白いとは言えないなぁ・・・とゆー感じではありますがw




内容は、数人の男女が繰り広げる

ドラッグ、セックス、暴力

これの繰り返し。


一見ありがちなテーマのように思えるのですが

細かすぎるかと思えば、急に「想像にお任せします。」な描写や

主人公の感情らしきものがほとんど描かれてなくて読んでて不安になったり

全てがまさに狂気の世界であるにも関わらず

不思議な透明感があり美しい世界で

彼らにはきっと常人に見えないものが見えているに違いなく

堕ちていく登場人物に羨望すら感じ、そんな自分に驚いたり。



さらに驚いたのが、読後解説読んでわかったのだけど

この作品、コグマが生まれた頃に書かれたもんらしい。

(どうりでキスの事「口を吸う」とか書いてあるワケだw)

当時はさぞかし世間を騒がせただろうと思ったのと同時に

時代が流れても素晴らしい作品というのは色褪せないものだなと納得してみたり。


今後何回も読み直す一冊になりそうです。







あと、


夜にはずっと深い夜を
鳥居みゆき

え?何?この人芸人さんなの??
装丁に釣られて買ってしまったけどw

詩のような短編小説のような。

シュールかつコミカルな独特の世界観は嫌いじゃありません。

読んでいくとちゃんとストーリー性もあるし。



一番好きだった作品を転記してみる。

「蝉」

月曜日にわたしは生まれ

火曜日に友達ができ

水曜日に友達が死に

木曜日に貴方に恋し

金曜日に貴方は死んだ

土曜日に思い切り泣き

日曜日に私も死んだ





・・・なんか、深いぃくない?

読んでると何か、「からかわれているんだろうか???」

という気になるし何度も読みたい本でもないんだけど

インパクトとしては大きかったですね。




次は昔流行ったバトルロワイヤルでも読もうかなー。

一回読んでるしちょっと頭リラックスするのに良いかと思って♪

え?リラックスするのに人がいっぱい惨殺される本を読むのはおかしいですかそうですか。



明日からまた月曜日ー。
仕事が次から次へと慣れない事ばっかりで
頭パンパンだけど頑張りまーす!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。